Z42557大阪支社ギミック編集企画専用20220114_0022.jpg

野口 幸輝

西日本事業部 関西支社1課 1G

​2021年新卒入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

超高齢社会になり医療のニーズが高まる中で、「ドクターズ・ファイル」を通して最適な医療を最適な患者さんに届けるための仕組みをドクターと一緒につくり、今までにない新たな価値創造をすることで、ますます必要なメディアになると思ったからです。また、「ドクターズ・ファイル」はまだ見ぬ患者さんに対し、普段の診療では見えないきめ細かい情報を掲載することでドクターの役に立ち、患者さんのクリニック選びの一助を担っています。これは世代が変わっても求められ続けるものだと感じ、その媒体の一員として働くことで「人」としての価値も高められると感じたため入社を決めました。

2.現在の仕事内容は?

現在は関西支社で営業ディレクターをしています。主にウェブの「ドクターズ・ファイル」を中心に今までお付き合いのなかったドクターに対して、それぞれの先生に合った取材記事の活用や企画のご提案をしています。具体的にはドクターとのお話の中で課題点を見いだし、先生・患者さん・ギミックの三方向から考えて、取材記事を作成して情報発信を行うことでどのようにして解決していくかという提案をしています。「ドクターズ・ファイル」の中では取材は欠かせないものですが、なかなか慣れていない先生も多く、最初は恥ずかしく思われている方も多いです。しかし、いざ取材が始まると熱い思いを語っていただけるので、その熱意を記事という形にして多くの方に読んでいただけるのはとてもうれしいです。また、先生にお会いし、記事の反響を伝えたときの先生の笑顔は格別で、もっとこの笑顔を増やして日本中に届けていきたいと思います。

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

先生に「君だからやる!」と言っていただいた時は忘れられないです。まだ現場に出て1年もたっていない未熟な営業マンであるのにもかかわらず、担当として熱心に先生のお話を聞き、クリニックに足しげく通い、その度に一生懸命に提案を繰り返した結果、先生から「もともと『ドクターズ・ファイル』には興味があったが、君の熱意にやられた。君だからやる」と言っていただいて契約に至りました。顧客に合った提案をするために綿密な準備をして、企画を受け入れていただけただけでなく、営業マンとして熱意を買っていただいたことがとてもうれしく、思わず先生とがっちり固い握手をしました。

4.この仕事のやりがいを教えてください。

個人の裁量権がかなり大きく、主体的に取り組める環境があることです。まだ社会人1年目でありわからないことだらけで、先輩方のもとへ質問に行くこともしょっちゅうですが、その際には自分の意見を求められることが多いです。
「自分はどう思っているのか」や「その課題に対して自分はどういう対応をしようとしているのか」など、どんどん聞かれて意見を発信しています。最初は戸惑うことも多く、自分の意見を言葉で明確に表すことは難しかったですが、当たり前にすることで実際に現場での対応力の強化につながっていると思います。また、支社や会社の他の部署も自分の意見を一意見として柔軟に受け入れてくれるので、先輩後輩関係なく主体的に行動できるのがやりがいです。
 

5.このお仕事の大変な部分はなんですか?

決して正解がないことです。出会う先生の数だけ思いがあり、状況が違う中で医療広告という無形商材を扱っているため、先生それぞれの思いや問題点に対して、幅広い視点から考える力が重要であり、考えれば考えるほど唯一無二の企画を立案することが大変な部分です。また、考えてきた企画を固めずに現場で先生の意見を交えてその場で再構築して、先生にとって最適な企画を考えることも難しいです。
しかし、向き合って考えてきたからこそ本気で先生とお話ができるので、受注できたときはとてもうれしいです。

 

6.仕事を通してどのような成長がありましたか?

「人に寄り添う力」が身につきました。当初は一方的に話して言葉のキャッチボールができず、顧客の本質に気付くことができませんでした。その原因は、会話の中で複数の視点に立って物事を考えることが欠けていたことだと気付き、時にはクリニックの視点、ある時は患者さんの視点と立場を変えて、寄り添うことで顧客との目線合わせもうまくいくようになりました。その結果、「ドクターズ・ファイル」の良さに共感してくれる先生との良好な関係を築けるようになりました。

 

7.職場の雰囲気を教えてください。

関西支社はワンフロアですべてつながっているため、部署を超えてのコミュニケーションが多いです。そのため、支社内では会話が絶えず、とてもにぎやかで活気があります。私が支社で一番好きなところは、成功の大きさに関係なく自分のことのように喜んでくれる温かい雰囲気と、目標達成のためにそれぞれが考え行動できる一体感があるところです。そのため、スイッチの入ったときの皆さんは最強で、不思議と気づいたら自分もやる気スイッチが入っています。

 

8.オフの日の過ごし方(プライベート)はどんなことをされていますか?

テニスをしたり、友達とご飯を食べに行ったりしています。
関西は今まで縁のない地域なので、新しい発見を求めて日々おいしい食べ物を探し奔走中です(太らないように気をつけています)。
仕事柄、生活習慣病に関しての記事を読むことが多いので、定期的に体を動かして健康に気をつけています(笑)

9.今後の抱負を教えてください。

顧客や会社に対して自分のアイデアや行動で、想像以上の付加価値を提供できる人になりたいです。
常に前を向き、新しいことに挑戦し続けることで、自己の知見を広めるだけでなく、チームに還元し、周りを巻き込んで成長していきたいと思っています。ゆくゆくは事業拡大していく中での重要なポジションをどんどん任せてもらえるようになりたいです。