Z31005東京本社ギミック編集企画専用20190912_0103.JPG

​​鈴木 育太

営業企画本部 営業企画部
営業企画

2018年新卒入社​

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

自分が成長できる場だと確信したからです。ドクターズ・ファイルは、ユーザーが最も必要とする形で医療情報を提供できるサイトです。このメディアの価値は、これから情報化が進む超高齢社会において、高まる一方だと思います。これから世の中に浸透していくべき媒体を扱う会社の拡大に貢献できれば、自分のビジネスマンとしての価値を上げることにもつながっていくはずだと考えて入社を決めました。


2.現在の仕事内容は?

営業企画部は「営業マンが最大パフォーマンスを発揮するためには?」という大きなテーマに対して、最も有効だと考えられる方法を客観的に考え、実行しながら、営業部の目標達成を通して事業への拡大貢献をめざしています。営業現場に実際に出向き、営業マンや顧客の状況確認、営業ツールの作成、プロモーションの検討、新卒育成、営業ルールの整備などなど……本当に多岐にわたります。


3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

入社して1年がたったタイミングで営業企画への異動を知らされた時のことは忘れられません。営業をしながら自分が営業について考える時間を通して、企画職への興味は強まる一方でした。「いつかは営業企画の仕事をやってみたい」と思っていた中で、1年目が終わったタイミングで異動の内示をもらった時は、「こんなに早くチャンスをもらえた!」と自分の中では驚きと喜びでいっぱいでした。働く中で、やりたいことに挑戦させてもらえる喜びは非常に大きいと思います。


4.この仕事のやりがいを教えてください。

営業企画は、時には事業に寄り添い時には営業現場に寄り添い、さまざまな視点を持って仕事をする必要があります。「会社がより良い方向へ向かっていくためには何が必要か?」という大きなテーマに対して、立場を超えて客観的に考えられるのはとてもやりがいのあることだと思っています。それが自分のミッションであることについても、とても誇らしく思っています。


5.この仕事の大変な部分はなんですか?

強い主体性が必要なところだと思います。売上や契約率といった目に見える成果が出にくい分、自分がどう貢献していくかを考えて動き続ける必要がある仕事です。また、自分の感じたことを臆せず言語化して伝えていく必要があるところにも、最初はかなり苦戦しました。立場や役職にとらわれることなく、自分の思ったことを素直に言語化する自信と勇気が必要なのも特徴だと思います。


6.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

物事を客観的に見渡しながら本質を捉える力がだんだんと身についている実感があります。これは戦略を考える際はもちろん、営業現場に出た際や、育成にあたるときにも、ものすごく生きるものだと思うので、さらに磨いていきたいです。


7.職場の雰囲気を教えてください。

営業企画はざっくばらんに自分の担当領域について話ができる雰囲気があると思います。うまくいっている点、いない点それぞれの理由をオープンに話し合うことで自分の仕事に生かしていける人たちばかりで日々新しい発見や学びが得られる場だと思っています。


8.どんな人と一緒に働きたいですか?

貪欲に会社や事業の発展に貢献したいと思っている人が仲間になってくれたらうれしいです。そうやって仕事に取り組むことが自分のビジネスマンとしての価値を高めることにもつながると思っているので、お互いに刺激し合える人と働きたいです!