Z42563東京本社ギミック編集企画専用20220113_0167.JPG

​​山田 ひとみ

​​首都圏事業部 第3営業部 サポートG

​中途入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。 

社会貢献度が高いという事業内容と、そこで働く人に魅力を感じたことが決め手でした。面接を待っている間、奥のほうから社員の笑い声が聞こえてきて、とても楽しんで仕事をしている様子を感じ、「ここで働きたい!」と強く思いました。

 

2.現在の仕事内容は? 

ディレクターのサポートがメインです。申込書の作成から回収、内容のチェック、アポ取り、顧客のマーケティングにまつわる各種データ作成、原稿の修正などなど……取材の代行で実際にクリニックへ伺うこともあります。また、顧客からの問い合わせにも対応しており、申し込み内容の確認から請求書・領収証の発行依頼、口座変更の対応など、営業前から後工程まで仕事が多岐にわたっていて、他部署と連携しながら毎日パワフルに仕事しています。

 

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。 

自分がサポートしたディレクターが表彰された時、受賞スピーチでサポートメンバーに感謝の言葉を言ってくれたこと。とてもうれしくて人目をはばからず泣きました(笑)。

 

4.この仕事のやりがいを教えてください。 

「誰かのために働けること」にやりがいを感じています。自分が担当したディレクターに「ひとみさんのアポは商談しやすい」と言ってもらえた時は、やってて良かったなと思いました。さらにその商談が受注につながり、その受注によって記事を読んだ患者さんの悩みを解決できたかもしれない、と思うとサポートするディレクターやユーザーのために働けることに誇りを感じます。

 

5.この仕事の大変な部分はなんですか? 

営業アシスタントというポジションは営業さんからの依頼や顧客からの問い合わせがあって初めて動くような、受動的な仕事が多くなりがちですが、ギミックの営業アシスタントは業務が本当に多岐にわたっているので、臨機応変な対応が求められます。自分がどのように動いたら営業が提案に集中できるかを先回りして考えて行動しなくてはならないので、そういう部分が大変でありやりがいでもあります。

 

6.仕事を通じてどのような成長がありましたか? 

事務仕事に関しては「この仕事の先には人がいる」ことを考えて行動するようになったのは、成長した部分だと思っています。「この仕事の先には人がいる」。当たり前なことだけれど、これを考えて仕事をすると「どうしたらわかりやすいか」「スムーズに後工程を進めるにはどうしたらいいか」「ホスピタリティーのある仕事とは?」を自然と考えるようになって、他部署との連携も捗り、仕事がどんどん楽しくなっていきました。

 

7.職場の雰囲気を教えてください。 

とても楽しいです。本当に皆いい人なんです。風通しのいい会社なので、ミーティングでも発言しやすい雰囲気なのと、いいアイデアや意見を積極的に取り入れて変えるべきは変えていくというスタンスの人が多く、いつもポジティブな空気が流れています。

 

8.今後の抱負を教えてください。 

クリニックで働くドクターやスタッフ、そして患者、医療に関わるすべての人に、私たちが集めた情報を届け続けていきたいです。会社の成長スピードをさらに加速させるために自分には何ができるのか。ディレクターが受注するために自分がやれることは何かを常に考え、優しく温かく支える縁の下の力持ちになっていかなくてはいけないなと思います。