市川②.JPG

​​市川 優子

​ライター

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

ずっと医療系の出版社で雑誌の編集をしていましたが、その中で一番好きだったのが取材記事を書くこと。せっかくならそこに特化した仕事がしたいと思っていた時に、「ドクターズ・ファイル」の存在を知り、「私もこういう記事を書きたい!」と即決しました。

 

2.現在の仕事内容は?

「ドクターズ・ファイル」や『頼れるドクター』の取材・ライティングのほか、外部ライターさんの原稿チェックや記事の質向上に向けたフィードバックなどを、社内外を問わず行っています。クリニックのホームページだけではわからないドクターの人柄や診療に対する想いを形にするとともに、ユーザーが知りたい情報をわかりやすく提供するための役割を担っています。


3.この仕事のやりがいを教えてください。

ドクターに満足してもらえる記事を書けた時は、やっぱりうれしいです。昔から、縁の下の力持ちになりたいと思って仕事をしてきたので、文章を通じて患者さんとドクターの出会いをサポートできるライターの仕事は、まさにずっとしたかったこと。だからこそ、ドクターの想いや情報を少しでもわかりやすく、生活に役立つような形で伝えられたときは、やりがいを感じます。


4.この仕事の大変な部分はなんですか?

締め切りに追われること。タイトなスケジュール案件も多いことや、時短勤務のため進行管理に苦労することもあります。ただそれ以上に難しいと感じるのは、ドクターの意向を正しくくみ取ることかもしれません。そのために、ディレクター(営業)との密な情報共有は必須。でも、大変だからこそやりがいがあるし、的確にニーズをつかめたときの達成感は半端ないです!


5.仕事を通じてどのような成長がありましたか?

ドクターの本当に伝えたいことや隠された思いを引き出し、それを記事にするのが「ドクターズ・ファイル」の使命でもあるので、「引き出し力」のようなものは鍛えられていると感じます。徹底的に事前準備をした上で、取材中は全方向にアンテナを張り、相手の表情一つにも気を配りながら、話を聞くよう心がけていますね。また、ライターというと黙々とパソコンに向かっているイメージがあるかもしれませんが、良い記事を作るには他部署との連携が欠かせませんし、ライターチーム内での情報共有も大切になってきます。そういう意味では、「調整力」も身についたと思います。


6.職場の雰囲気を教えてください。

今まで働いたどの職場よりも、活気があります。先輩・後輩関係なく、自由に意見を出しやすい雰囲気なので、ミーティングが盛り上がり過ぎて予定時間をオーバーすることも。あと、若いメンバーが多いだけに、エネルギッシュで皆きらきらしています。商品に愛着と誇りを持っている人たちばかりで、日々刺激をもらっています。


7.どんな人と一緒に働きたいですか?

素直な人。年齢や経験の有無は関係なく、先輩のアドバイスをきちんと受け止められる人は、ぐんぐんライティングが上達すると思います。あとは、何事も楽しめる人。最初は取材も緊張すると思いますが、チームでサポートする体制が整っているので、失敗しても大丈夫! 安心して飛び込んできてください。


8.今後の抱負を教えてください。

数年前とは比べ物にならないほど知名度の上がった「ドクターズ・ファイル」ですが、先日「何それ?」と、友達に言われてショック…。日本中で誰もが知っている存在にしていけるよう、ライターとしてもっともっとスキルを磨いて、成長の一端を担っていきたいです。そのためにまずは、どんなイレギュラー案件も安心して任せられる存在にならなければ! と思います。