Z42563東京本社ギミック編集企画専用20220113_0082.JPG

杉山 りさ子

首都圏事業部 第1営業部 1G

マネジャー

​中途入社

1.ギミックに入社を決めた理由を教えてください。

直観です。笑
転職活動をしていた時に、エージェントの方からいくつか会社を紹介していただき、それぞれの会社のホームページを見たり、調べたりしていましたが、その時に「患者とドクターのココロとココロをつなぐ」という会社の理念・事業に温かみを感じ、強く共感し、ここに入社するんだ! と思いましたね。
今でもその時の感覚は強く印象に残っていますし、一番入社したいと思ったギミックと縁があり入社することができ、自分の直観を信じて良かったと思っています。

 

2.現在の仕事内容は?

東京本社にて、第一営業部のマネジャーとして、新規顧客の開拓と若手メンバーの育成を行っています。
第一営業部の営業は関東エリアのウェブサイト・書籍の両方の新規マーケットの開拓がミッションです。
また、部長や他グループのマネジャーと部の運営について話し合ったり、部の目標達成や若手メンバーの成長のための取り組みを立案、実行、改善を繰り返したりして、より良い組織にできるよう取り組んでいます。

 

3.これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。

初受注した先生のことですね。
私はもともとアシスタントディレクターとして入社しており、入社して半年は取材獲得がメインミッションでした(現在のアシスタントディレクターの仕事は、電話でのアポ取りがメインです)。
その先生は電話をしても飛び込んでも会えなかったのですが、その先生にお手紙を書き、受付に渡したところ、後日わざわざメールをくださいました。そこから縁があり新人ディレクターとして初の営業に行くことになり、その思い入れのあるクリニックに提案させていただき初受注ができました。
営業スキルもない中で、なぜ契約してくださったのかを先生に聞くと「あの手紙がなかったら取材すら受けていなかった。」と言ってくださったんです。受注したことはもちろんですが、自分の想いが先生に伝わり、この事業に賛同してくださったことが何よりうれしかったですね。地元の先生だったこともあり、本当にあの時のことは今でも忘れられません。
 

4.この仕事のやりがいを教えてください。

営業マンとしては、先生が私という人間を買ってくれることです。
仕事といえど、人と人とのつながりです。私という人間を通してギミックの事業に賛同いただけることは非常にやりがいを感じます。
マネジャーとしては、メンバーの成長が見えたときですね。
口うるさく言ったり、叱ったり、褒めたり、日々いろいろありますがメンバーの努力が受注につながったときは心からうれしいです。本当に母のような気持ちです笑。
 

5.この仕事の大変な部分はなんですか?

答えがないことです。
それが楽しい部分でもありますが、つい答えや正しさを求めてしまったりするんですよね。
答えがないからこそ、自分の意志と考え抜く力が必要で、そういった力が鍛えられます。
大変なことですが自身の成長につながっていると信じています。

 

6. どんな人と一緒に働きたいですか?

主体者意識のある、向上心のある人ですね。
あと、仕事は一人でするものではないので、一緒に働く仲間に敬意を示せる人がすてきだなと思いますし、そういう仲間と働きたいと思います。なんでも前向きに楽しんで挑戦をし続けられる人はギミックに向いているかもしれません笑。

 

7. 今後の抱負を教えてください。

「ドクターズ・ファイル」でクリニック選びをするという世界観を当たり前にすることです。
私たちの事業は、日本の医療が発達する中で、患者にとっても適切な医療を受けることや選択をするために必ず必要なものだと思っています。まずは、そういった想いに賛同してくれる仲間を広げ、良い組織をつくれる存在になりたいです。