top of page
20221110_020706840_iOS.jpg

沼田 絵梨子

編集企画・制作管理本部 制作管理部 品質管理課 品質管理G

中途入社

1. ギミックに入社を決めた理由を教えてください。 

医療広告という事業内容に価値を感じたこと、未経験から校閲の業務に携われるということも魅力でしたが、決め手としては面接時の会社や人の雰囲気が良く、自分に合っているかもしれないと感じたことが大きいです。

 

2. 現在の仕事内容は? 

ウェブ媒体「ドクターズ・ファイル」の原稿の校閲です。ライターさんからの原稿の納品管理から始まり、納品された時点での原稿の校閲、ドクター確認を経た後の最終校閲まで行います。
誤字脱字や社内の表記規定に加え、医療広告ならではの規定「医療広告ガイドライン」に基づいてチェックを行うため、幅広い視点や柔軟な考え方が求められます。黙々と校閲している時間もありますが、メンバーやディレクターから相談を受けることも多く、人と話す機会も多いです。時には地域の関係機関や厚生労働省へ問い合わせたり、社内の表記規定を再検討したりしながら、医療広告として適切な情報発信に努めています

 

3. これまでのギミックの仕事で忘れられない思い出を教えてください。 

校閲・編集・社内ライターなど各部署のメンバーで構成されたプロジェクトメンバーになり、社内の表記規定の整備を行いました。ドクターが伝えたい、読者が知りたい、そして私たちが伝えたい内容を、医療広告ガイドラインを踏まえてどのような形で表現できるのか。全員が納得できる場所を見つけることは大変でしたが、各部署の考え方や広告へのこだわりにふれ、医療広告として「守ること」と「伝えること」両方の視点を持つ大切さを実感しました。

 

4. この仕事のやりがいを教えてください。 

「医療広告ガイドライン」を社内の誰よりも読み込み、その知識をもとに校閲を行うこと、ディレクターや編集部メンバーの相談に乗ること。業務の一つ一つが「医療に関する正しい情報を届ける」という媒体の価値や、記事の品質を支えることにつながっていると思っています。あとは、ドクターの思いが詰まったできたての原稿を、誰よりも早く読めるのは特権ですね。
 

5. この仕事の大変な部分はなんですか? 

非常に多くの原稿が同時に動き、さらに急ぎの原稿が随時飛び込んでくるので、精度を落とさずにスピード感を持って対応する必要があること。また、どんどん新しい取り組みが始まるので、ついていくのが大変に感じることもあります。やりながらより良い方法を探して整えていくので、もっと良い方法があるのかも……という気持ちが常にあります。

 

6. 仕事を通じてどのような成長がありましたか?

考え方が柔軟になりました。以前はルールを守ることにこだわるあまり、「駄目なものは駄目」と考えがちで、逆にルールが決まっていないことに対してはどうしていいかわからず立ち往生してしまうこともありました。今は相手がどんなことを要望しているのかを把握して、「どうしたら実現できるだろう?」と考えて提案できるようになってきたと思います。

7. 今後の抱負を教えてください。 

会社はどんどん新しいことに挑戦し、変化していきますが、それは「医療広告ガイドラインを遵守している」という根幹の部分がしっかりしているからこそできることだと考えています。ギミックが気兼ねなく新しいことに挑戦できるように、これまで積み上げてきたメディアの信頼を崩さないように、常に最適な形で支えていきたいです。

bottom of page